profile

 

s-ken(エスケン)

☞二つの脳と千の目を持つ男(文・川勝正幸

1947年東京大森生まれ。71年、作曲者としてポーランドの音楽祭に参加、世界を放浪後、音楽雑誌「ライトミュージック」編集スタッフとして働き75年海外特派員として渡米。ニューヨークに滞在中、CBGBなどのニューヨーク・パンクロックシーンに刺激を受けて、帰国後、伝説のパンクムーヴメント、「TOKYO ROCKERS」を牽引。デビュー・アルバム『魔都』(81年)、セカンド・アルバム『ギャングバスターズ』(83年)を経て、パンク、ファンク、ブガルー、レゲエをなどをハイブリッドさせたs-ken&hot bombomsを結成、80年代のクラブーンを代表するエポックなイベントTOKYO SOY SOURCEに参加しつつ4枚のアルバムを発表。 91年以降は音楽プロデューサーとして活動、現在プロデュース作品は108タイトルに及ぶ。主な著書に『異人都市TOKYO』、『ジャバ』など。2017年26年ぶりにs-ken名義のフルアルバム「Tequila the Ripper 」を発表、s-ken&hot bombomsのライヴも復活させている。

 

s-ken is the musician / producer, also evangelist. After had wandering journey around the world, He backed to his country Japan from NY with so many impressions (especially the experience in CBGB) in 1977. He leaded the legendary punk rock movement “TOKYO ROCKERS”. And he released some albums as the band called “s-ken & hot bomboms” that influenced punk, funk, boogaloo, reggae, hiphop and Congolese rumba. It had a strong impact for Japanese music scene.
From 1991, he started working as a producer. He found out and raised many artists and bands who everyone heard the name in Japan. After produced 108 tracks while 25 years, He released the 7th original album and made “s-ken & hot bomboms” reunion with the original members for his show in 2017. This video is the first video by them.

Chronology

【1970年代】

71’
・作曲を担当した『自由通りの午後』 (作詞:松山猛)がポーランド音楽祭“ソポト”の日本代表に選抜され、アイ・ジョージは、この年のNHK紅白歌合戦でこの曲を歌う。
・佐藤 健(現作曲家)らとピースシティーを結成。CBSSONYからシングルを2枚リリース。
72’
・ヤマハの音楽誌「ライトミュージック」の編集者やコーディネーターで活躍する一方、演奏活動を続ける。
・ ヤマハ・ポプコン全国大会で『あなたなら』(作詞・曲・歌)で井上陽水らと入賞。『ちっぽけ革命』(作曲・歌)で東京大会優勝など、作曲コンクールで数々の賞を獲得する。
・細野晴臣のセカンド・アルバム『トロピカル・ダンディー』に制作協力。
75’
・ 財団法人ヤマハ音楽振興会の特派員として渡米。L.AやN.Yから「ライトミュージック」に寄稿、世界歌謡祭のコーディネーターなど多方面で活動。
78’
・ニューヨークより帰国後、ライター、フリー・エディターで活躍しつつ、s-kenリーダーのバンドを結成。フリクション、リザード、MIRRORS、Mr.Kiteらと“東京ロッカーズ”と題したライヴ・ パフォーマンスをs-kenスタジオ、新宿ロフトなどを中心に展開。
79’
・ライヴ・レコーディング・アルバム『東京ロッカーズ』を発表、3曲収録(CBSソニー)。
・ニューヨーク時代に約1年間撮り溜めた写真をまとめ、渋谷の西武デパートで写真展開催。
・7月 初来日のトーキング・ヘッズと京都大学西部講堂で共演。
・泉谷しげる監督・主演の映画『拳銃殺人師』に革命家の役で出演。

【1980年代】

81’
・デビュー・アルバム『魔都』、シングル『サクサク』を発表(日本コロムビア)。
83’
・セカンド・アルバム『ギャング・バスターズ』、シングル『恋のバガボンド』を発表。細野晴臣、安藤篤彦、小玉和文などが参加(キング)。
・6月 東京のストリート・ファッション二枚扉に封じ込めたムック『Pin-Head』」編集(CBS ソニー出版)。
・新宿ツバキハウスでイベント“ニポニーズ・ナイト”を5回に渡りプロデュース。東京ブラボー、じゃがたら、PINK、竹中直人、中村ゆうじ、沼田元気、戸川純などが参加。
84’
・日本テレビ「海賊チャンネル」に半年に渡りレギュラー出演。
85’
・s-ken&Hot Bomboms 結成。
・窪田晴男(G)、佐野篤(B)、矢代恒彦(Key)、多田暁(Tp)、小田原豊(Dr)、ヤヒロトモヒロ(Per)s-ken&Hot Bombomsでアルバム『ジャングル・ダ』、シングル『感電キング』発表(CBSソニー)。
86’
・MUTE BEAT、じゃがたら、TOMATOS、などともに“Tokyo Soy Source”プロジェクトをスタート。芝浦インクスティックを拠点に展開。

【1990年代】

90’
・日仏対抗ライヴ合戦“フェスティバル・春”にs-ken & Hot Bomboms参加。ジミー・オーイッドとのカップリング。・インクスティク鈴江ファクトリーにて“エスケンのカメレオンナイト7”開催。・日本衛星放送(JSB) のWOWOWにて“エスケンのカメレオンナイトTokyo Vs Osaka”(3時間番組)をプロデュース。
・本木雅弘のシングル『ジレンマつばめがえし』で作詞。
・7月11日 NHKのTV番組「西日本スペシャル~クラブシーン・真夜中のアーティスト」にナビゲーターとして出演。
・後楽園ルナパークにてイベント“東京ラテン宣言スペシャル’91”(6日間連続)をプロデュース。浜村美智子、渡辺マリ、オルケスタ・デ・ラ・ルス、フィッシュマンズ、PJバンド、ザ・スリル、桜川唯丸&スピリチュアル・ユニティー、ネーネーズwith 知名定男、DJ にはラファエル・セバーグなどが参加。
・渋谷DJバー・インクスティックにてイベント“エスケンのカメレオンナイト~東京ダンスビート・ネットワーク”開催。浜村美智子、三宅純、DJでは小玉和文、コモエスタ八重樫、かの香織などが参加。
・レーベル セブン・サムライ発足。
・セブン・サムライの第一弾オムニバス・アルバム『東京ラテン宣言』プロデュース(アポロン)。
・12月31日 心斎橋クラブクアトロにて“LOFT 熱帯ナイト・クラブ6~東京ラテン宣言~CD発売記念年越ライヴ”開催。スィートパンプキン& チャチャ・クルー、コンフント・エスパシオ、ミンカパノピカ、ピリピリなどが参加。
91’
・雑誌「any」でエッセイ「異人都市快楽」連載開始。
・FM大阪のDJ番組エスケンの「カメレオンナイト」プロデュース開始。
・大阪キリンビアクラブ、パラノイアにて“エスケンのカメレオンナト”プロデュース開始。
ウルフルズ、後藤有三&ワニクマ・オールスターズ、チャ・チャ・クルー、オリジナル・ラヴ、電気グルーヴ、カーリー・ショッケール、チカ・ブーン、ECSTCY BOYS、ソドムなどが参加。
・マーチン・デニーのアルバム『エキゾチカ’90』のレコーディングにコーラスで参加(東芝EMI)。
・10月 ファースト・アルバム『魔都』CD化再発(日本コロムビア)。
・11月 新生s-ken & Hot Bomboms で6 枚目のアルバム『セブン・エネミーズ』 発売(ポリドール)。
今堀恒雄(G)、佐野篤(B)、矢代恒彦(Key)、多田暁(Tp)、小田原豊(Dr)、スティーヴエトウ(Per)
92’
・1月 渋谷クラブクアトロにて“東京ラテン宣言発売記念ライヴ”開催。
・2月20日 TV番組TBS「Catch Up」のゴージャス・ミュージックというテーマでコメンテーターとして出演。
・2月 浜村美智子のミニ・アルバム『ジャジャンボ』プロデュース。(アポロン)
・4月 青山CAY で“エスケンのカメレオンナイト~セブン・サムライシンジケート”開催。浜村美智子、ソンナ・バナナ、スィートパンプキン& チャチャ・クルー、内田春菊&アベックス、小玉和文、OTO、ランキン・タクシー、東京リズムキングス、ペインティングチームなどが参加。
・キリンCM「KIRIN WINE CLUB DANCE」でナレーター出演。
・6月 東京リズムキングスのデビュー・アルバム『ブーガルー・フィーバー』プロデュース。
・コンピレーション・アルバム『ニポニーズ・ラガマフィン・ミックス』プロデュース(アポロン)。
・7月 後楽園ルナパーク内ルナ・シアターで“カメレオンナイト・スペシャル’92”開催。
パノラマ・マンボ・ボーイズ、金沢明子&寺田創一、U.F.O、田島貴男、マンデイ満ちる、東京リズムキングス、東京コミックショウ、浜村美智子などが参加。
・7月 コンピレーション・アルバム『ニポニーズ・ダブ・ミックス』プロデュース(アポロン)。
・9月3日 TV番組TBS「Catch Up」の東京の外国人というテーマでコメンテーターとしてブルース・オズボーンと共演。
・11月 コンピレーション・アルバム『JAZZ HIP JAP』プロデュース (NECアベニュー)。
・12月 TV番組TBS「Catch Up」に出演。
・12月 渋谷DJ バー・インクスティックで『JAZZ HIP JAP』の発売記念ライヴ開催。
93’
・イベント“アフロ・ジュース”をN.Yのソウル系DJジェフ・ブラウンと共に西麻布YELLOWでプロデュース開始。
・JAZZ HIP JAPナイト、クアトロ3DAYS(東京、大阪)プロデュース。U.F.O、DJタケムラ、EL-MALO、マンデイ満ちる、DJ KRUSH、サイレントポエッツなどが参加。
・5月 コンピレーション・アルバム、「JAZZ HIP JAP2」リリース (NECアベニュー) 。
・アメリカの「ビルボード」にインタビュー記事掲載。
・有近真澄のアルバム『女の都』に3 曲作詞。
・FM大阪、マンデイ満ちるパーソナリティーのラジオ番組「FM おおゆれ大阪」を一年間に渡りプロデュース。
・後楽園ルナパーク“カメレオンナイト・スペシャル”を2日間プロデュース。東京スカパラダイスオーケストラ、河内家菊水丸などが参加。
・日本コロムビアよりチャンス・レベール発足、プロデュース、スタート。12月以後、浅田香織(BONNIE PINK)、DJ KRUSH、リトルビッグビー、エスカレーターズ、カブ、アモーレ・ヒロスケ&ラブマシーン、河内家菊水丸、バキュームプロダクションなどをプロデュース。
・河内家菊水丸のアルバム、プロデュースのためイギリスのバーミンガムに3週間滞在。バングラビートの本拠地で、バリ・サグー、アチャナックなどとレコーディング、現地のテレビ、ラジオ、雑誌でも話題になる。
・ロンドンのモーワックス・レコードより16 曲入りのダブルLP『Jazz Hip Jap Project』、 12 インチ・シングル『DJタケムラ』」『EL-MALO』『Jazz Hip Jap Sampler』をリリース。
・12月 ロンドンのタイフーン・レコードより12 インチ・シングル『Jazz Com Bossa』、翌年1月『Jazz Powers』をリリース。
イギリスの「ミュージック・ウイクリー」のダンスチャートで『Jazz Hip Jap Project』」が6位になったのをきっかけに、12インチ・シングルもエコー誌などのジャズ・チャートに次々にチャートイン。「ジャズ・エクスプレス」の表紙になるなど、ロンドンの各誌にインタビュー記事が掲載される。
・大阪のクラブおおゆれ大阪でイベント“カメレオンナイト”を毎月スタート。
94’
・3月 ロンドンのタイフーン・レコードよりエスカレーターズの12インチ・シングルをリリース。
・NHK教育テレビ、音楽解説者として3回にわたって出演。
・9月 プロデュース作品『Jazz Com Bossa』アメリカのインスティンクト・レコードより発売。
・TV番組、ワーズワースの冒険で宮沢りえの音楽コーディネイト。
・Flim-Flam『バーニン』浅見美容外科テレビCM、サウンド・プロデュース
95’
・4月~7月青山APOLLO にてイベント“ACROBAT JUNCTION”プロデュー ス。・日本テレビ「ネオ・ハイパー・キッズ」の東京ロッキン(インターネットとのリンク型プログラム)に2回に渡り出演。
・8月 1週間に渡り、後楽園遊園地ルナパーク前特設ステージにて、イベント“カメレオンナイト・スペシャル’95”をプロデュース。シアターブルック、ビンゴボンゴ、ヤスカズ、グリディーグリーン、アモーレ・ヒロスケ&ラブマシーンなどが参加。
・月刊誌「ペントハウス」(ぶんか社)にブルース・オズボーンとのコラボレーシャンによるバーニング・デザイアという連載ページをスタート。
・10月 三宿のWEBにて毎月、“マージナルライン”というクラブ・イベントをプロデュース。
・12月 渋谷円山町ドクタージーカンスにて、3日間に渡るクリスマス・イベント“MOTION”をプロデュース。
デミ・セミ・クエーバー、ビンゴボンゴ、54 NUDE HONEYS、パレードなどが参加。
96’
・3月 青山アポロのプロデューサー吉竹洋治と共同プロデュースによるクラブ・イベントを開始。南青山MUSEにて毎月月曜開催。ラムタラ、Flim-Flam、ダンスユニット、ジールなどが参加。
・3月 静岡県長泉町の年中行事“わくわく祭り”のためのパレード・ソングの作詩とプロデュー ス。
・4月 コンピレーション・アルバム『SOUP UP』をプロデュース(東芝EMI)。以後『SOUP UP Vol2』『SOUP UP Vol3』と三部作のすべてをCDプロデュース
パレード、SUPER BUTTER DOG、マグースイム、Flim-Flam、ソウルレベル、リトル・ ビッグビー、クラムボン、ラヴライフ、smorgas、フリーボ、コーヒーカラー、DONNY FUが参加。その後10アーティストがメイジャー・デビュー
・9月 新装MUSEでイベント“マージナルライン”を6回に渡り開催。プロデュースとDJ を担当。デミ・セミ・クエーバー、SUPER BUTTER DOG、パレード、Flim-Flam、スパノバ、ラムタラソウル・ユース・コンベンション、東京チャンプルー、アモーレ・ヒロスケ& ラブマシーン、ベアフット、54 NUDE HONEYS、高宮永徹、内海いずる、遠藤聡明、ハスキー中川などが出演。
・10月 SUPER BUTTER DOGのデビュー・アルバム「犬にくわえさせろ!」をプロデュース (タイフーン)。
・11月 ワーナーミュージック・ジャパンにマージナルライン・レーベルを発足。パレード、クラムボン、スパノヴァ、Flim-Flamをプロデュース。
・11月 青山の蜂では“虎虎”、オージャスでは“S-KEN LOUNGE”というクラブ・イベントを月1回のペースでスタート。
97’
・4月 CD-ROM 『ブラックマリア』(インナーブレイン) の音楽プロデュース。
・5月 SUPER BUTTER DOGのメジャー・アルバム『フリーウエイ』をプロデュース(東芝EMI)。以後 セカンド・アルバム『333号室』までプロデュース。
・7月 六本木クラブプラスティックにてDJ イベント“虎虎”を月1回のペースでスタート。
・8月 パーフェクトTV モンドチャンネル「s-ken特集」(1時間)が数回に渡って放映される。
・10月 喜納昌吉&チャンプルーズ、日本コロムビア移籍第一弾アルバム『すべての武器を楽器に』の収録曲2曲をアレンジ&プロデュース。
99’
・6月 テレサ・テンのトリビュートにプロデューサーとして参加。代表作『時の流れに身をまかせ』をリミックス(ポリドール)。
・7月 ワールドアパート有限会社をcool drive makersのマネージャーだった浅野勇一ともに設立。代表取締役プロデューサーに就任。
・10月26日 新宿ロフトのイベント“ドライブ・トゥ・2000”でs-ken&Hot Bomboms1曲限りの復活ライブ。
・10月公開 手塚真監督作品『白痴』に満州浪人役で俳優として出演。

【2000年代】

・7月 『1977 NYC EXPLOSION CLOSING PARTY』東京・青山CAYで開催。Talksession ゲスト : 細野晴臣 LIVE:s-ken&hot bomboms MC:ちわきまゆみ DJ: MAC ROMANCE

ワールドアパートにおいてPE’Z、中山うり、久和田佳代、BimBamBoom,Kent Kakitsubata、コーヒーカラー、ROCO、nitt、エイミアンナプルナ、iLala(アイララ)、DONNY FUなどをプロデュース。

01’・西麻布のクラブ”L”にてハスキー中川とともにDJイベント“JAJA”を3年間に渡って開催。
05’・月刊誌『サファリ』に東京の自転車生活についてのエッセイ「雨でも夜でも迷路でも」を7ヶ月に渡って連載。
07’・10月 s-ken & Hot Bomboms 『JUNGLE・DA』『パープービー』『千の眼』『セブン・エネミーズ』4枚同時再発決定。
・10月 s-ken & Hot bombomsの再発を記念してPE’Zとコラボレーション、新曲とセルフカバーの2曲を、再発と同日10月24日よりiTunes Storeで限定リリース。

08’
・10月 自転車を主人公にした児童書/少年少女小説「ジャバ」を(ソニーマガジンズ)発表。

09’
・11月新宿ロフトでおこなわれてきたライブハウスサーキットを象徴するDRIVEシリーズイヴェント第三弾「DRIVE TO 2010」にs-ken&hot bomboms出演。

11’・9月エスケンの自転車仲間の集いからこの年に始まった“エスケンラウンジ”、回を重ね趣を変化させつつ2014年12月にはVol.15を数える。
12’・9月ロバート・ハリスとコンビでトークショー“オールドディックストーク”を西麻布の新世界でスタート。森本千絵、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、高橋靖子、戌井 昭人、いとうせいこう、岩橋麻男、安藤美冬などゲスト出演。 DADATIQUEにて、MAC ROMANCEとイベントS-KEN LOUNGEをスタート (自転車展)
13’・7月ドラマー山口美代子率いる女性インストバンドBimBamBoomのプロデュース開始。11月広島から上京してきたシンガー&ソングライター久和田佳代プロデュース。デビューアルバム「ピナコラーダ」をリリース。 S-KEN LOUNGE
14’・久和田佳代『買い物ブギ』『Feliz Navidad』『ママよ助けて』をリリース。

16’

・3月 久和田佳代2ndアルバム『MARGARITA』リリース
・6月 BimBamBoom1stアルバム『TIGER ROLL』をリリース

17’
・3月『Tequila the Ripper』25年ぶり7枚目となるアルバムリリース。
・5月 東京・赤坂 Billboard Live TOKYOてリリース・パーティ開催、s-kenのほか、窪田晴男ヤヒロトモヒロ小田原 豊、佐野 篤、矢代恒彦多田 暁といった、s-ken & hot bombomsのオリジナル・メンバーが出演。
・7月 s-ken、フジテレビでドキュメンタリー番組「70歳!伝説のパンクロッカーの叫び」放送
・10月 BimBamBoom2stアルバム『Shinzo BakuBaku』リリース。

18’
・6月 自叙伝を出版。『S-KEN回想録 都市から都市、そしてまたアクロバット 1971- 1991』エスケン (著)
・6月 初の写真展『1977 NYC EXPLOSION』東京・青山CAYで開催
・7月 『1977 NYC EXPLOSION CLOSING PARTY』青山CAY トークセッションゲスト : 細野晴臣、ミニライブ:s-ken&hot bomboms MC:ちわきまゆみDJ: MAC ROMANCE