News

エスケン写真展尾道へ!『S-KEN1977 NYC Explosion in Onomichi』開催します。2018.08.02

 “エスケン写真展、尾道でのオープニングパーティー”

2018年8月11日(土)(展示期間8月11日~13日)@香味喫茶ハライソ珈琲

(広島県尾道市東御所3-13-2F tel:070-5301-4912)

OPEN18:30 START19:00 ¥1000(要ワンオーダー) 

【トークセッション】s-ken、KEIKI、つる けんたろう、toto DJ: KINOKO


エスケン尾道にて三日間限定の写真展“s-ken 1977 NYC EXPLOSION in ONOMICHI”を開催! 昨年25年ぶりにニューアルバムを発表しバンド活動も再始動、今年に入り回想録とプロデュース作品集をリリースするなど精力的にアーティスト活動を復活させているプロデューサー&ミュージシャンs-ken。彼が海外特派員時代に自ら撮影した写真展が8月11日~13日、三日間限定で尾道市のハライソ珈琲で開催される。   “パンクロック”、“ヒップホップ”、“ガラージュ”など革新的音楽革命と死に至る病“エイズ”が同時多発的に発生した1977年のニューヨークで海外特派員時代のs-kenはまさにこの年、マンハッタン、ウエストサイドに住み、天国と地獄が共存するスリリングな“ザ・シティー”の写真を撮り続けた。 昨年その写真の存在が40年ぶりに確認、注目され、今年6月~7月約40日間、東京青山CAYで展示総数40点が初公開、大きな話題を呼んでいるが、その写真展の終了後そのまま尾道にやって来る。(裏面一部紹介)  s-kenはまた全国を旅するサイクリストとしても知られ、度々その聖地というべき“瀬戸内しまなみ海道”も走破、尾道のミュージシャンとも親交があり、この夏も休暇でツーリングを計画していたことから、はじめての巡回展を尾道で開催することになった。 オープニングの8月11日には、ホーム尾道で活動中のミュージシャンKEIKIと漫画家つる けんたろう、東京から詩人のtotoが参加しトークセッションを行う予定。