blog

1978年12月23日のs-kenstudioにて

「大人のMusic Calender」という
ウェブマガジンにTOKYO ROCKERS時代のことを書いた。
http://music-calendar.jp/2016122301
1978年のs-kenstudio、クリスマスにパンクバンドが大集合したことを覚えていてくれ原稿を依頼しくれたのだが、困ったことに、あまり鮮明に覚えていない。
年末年始に時間をかけて思い出してみよと思う。

2016-12-23 | Posted in blogNo Comments » 

 

チャンスミーティングな瞬間を!

プロデューサーを25年以上続けてきて、合言葉はチャンドラーの探偵のごとく“トラブルイズマイビジネス”といったとろだが、時には心躍りおもわずジャックダニエルで一杯やりたくなってしまう時もある。
過去の絡んだアーティストが時空を超えて、響きあい、セッションをきっかに無から有を生むミュージシャンシップに発展していく時で、ひとり悦にいってしまう。
“BimBamBoom Sessions ”はそんなチャンスミーティングな瞬間がこれまでも、数多く今度のVol.11も今、TOKYOでもっともダイナミックな音を出すトランぺッター、TRI4THの織田祐亮が駆けつけてくれる。

また、その前日の14日には渋谷の RUBY ROOMで前田サラもとにBBBの山口美代子と元スーパーバタードッグの竹内朋康とTOMOHIKO HEAVYLOOPERが参加しセッションするという見逃せない夜が続く。

BimBamBoomは今週の日曜11日、中津川THE SOLAR BUDOKANでのパフォーマンスも迫ってきた。嵐を呼ぶファンク五人娘、FUJIROCKに続きこの夏を締めくくるフェスに登場!!

「BimBamBoom Sessions Vol.11」
9月15日(木) OPEN 18:30 / START 19:30
六本木VARIT. 03-6441-0825
ゲスト: オカモトショウ、織田祐亮(TRI4TH)
DJ:マックロマンス
http://www.r-varit.net/schedules/view/147

9月11日(日)中津川THE SOLAR BUDOKAN2016
http://solarbudokan.com/2016/

14212700_981198071996835_2498575113055948505_n

 

2016-09-05 | Posted in blogNo Comments » 

 

思い出のシボレーimpala1961型。

昔の話を書き留めておこうと、頭の底から、半世紀もさかのぼって、たどたどしい記憶を掘り起こす日々。
YAMAHAの海外特派員としてまずロスアンゼルスにいったのが1975年5月。
ハリウッドはレイモンドチャンドラーのミステリーに出てきそうな古いアパートに落ち着いて、フリップマーローよろしく古いアメ車に乗うろと350ドルで手に入れてた思い出のシボレーimpala1961型。
免許書はIDとしても必需品、どうしたらとれるのか聞きにいったら、いきなり筆記テストを渡されて、マルバツをつけろという。立ち食い蕎麦屋みたいなカウンターで、隣のチカノーみたいな兄貴に目くばせしながら適当にマルバツしたら合格。実地試験は友人に自動車に来てもらって、その自動車に試験管をのせて街にくりだし20分ほどで合格、シメて一時半ほど25セント払ってめでたく免許GET。大。

14021684_970613733055269_3205321719427918649_n2

2016-08-23 | Posted in blogNo Comments » 

 

世界の縁にたつ都市をさまよう者

“ハーランエリスン”、創作に直接、影響を受けた、少ない作家のひとり。どうした風の吹きまし「世界の中心で愛を叫んだけもの」以来、半世紀近くたって、やっと過去にSFマガジンやミステリーマガジンなどで訳されてきた傑作短編が一冊になって出版(死の鳥)された。その他にもぞくぞく彼の著書が出版される予定という。今読んでも色あせないどころか予見的でもある。タイトルからしていい。

●「悔い改めよ、ハーレクィン! 」とチクタクマンはいった
●竜討つものにまぼろしを
●おれには口がない、それでもおれは叫ぶ
●世界の縁にたつ都市をさまよう者
●北緯38度54分、西経77度0分13秒 ランゲルハンス島沖を漂流中

オハイオで生まれ、僕と同じように20代をニューヨークで過ごし、ブルックリン、レッド・フック地区の不良の仲間になり、その経験を小説にした処女長編を書きあげたという。70年代リアルタイムで心酔し、81年のデビューアルバム「魔都」は影響大。

14039955_967157233400919_7446470070826041106_n

2016-08-19 | Posted in blogNo Comments » 

 

昔、志ん生、今、権太楼

「~落語と荘子は同じ人間心情から生まれたものでした。—ともに笑いとユーモアで体制社会の息苦しさをほぐそうとしている。~体制のマジメな常識の目とは別の目で、笑いの目で、人間の生き方を見る—」
加島祥造の著書「荘子」読んでいたら荘子と落語が似ているという卓見に出会った。
そういえば昔、志ん生、今、権太楼、落語はいつもそばにあって、むしゃくしゃした気分を、何かとすっ飛ばしてくれた。
談志一門もみなうまいが、オイラはなぜか三代目、柳家権太楼になごむ。フジロックから帰ったらまずは「言訳座頭」や「宿屋の仇討」を聞きながら、一人、くさやの干物と鳥取産ラッキョウを肴にテキーラで一杯!

13680624_951500051633304_7403704500710999674_n2

2016-07-29 | Posted in blogNo Comments » 

 

フジロックの最終日、BimBamBoom初登場!!

プロデューサーで自画自賛ということもあり、言いにくいのだが、
初日から、様々なアーティストを見たが、華も実も未来もあるという意味で一番面白かった。
と内心おもっていたらtwitterで、同じようにつぶやいていた人がいたと聞いた。突然の雨の中、先月初めてのアルバムをリリースしたばかりのバンドのCD即売に長蛇の列、感謝。

それとBimBamBoomの前に見たRobertGlasper のバンドのドラマー、Chris Daveに興奮した。調べると ヒップ・ホップ界随一のドラマーだそうで、大胆にして繊細、風を切り唸るようなグルーヴで日本に一番いないタイプのドラマーだと思った。

前田サラが注目していたサックスプレイヤー、Kamasi Washingtonも見たかったが、体力切れで苗場プリンスの温泉につかった後すぐにTOKYOに帰還した。

13686757_948631791920130_6392385540953060991_n

2016-07-25 | Posted in blogNo Comments » 

 

今年のフジロックフェスティバル!

フジロックに着いたら、まずは腹ごしらえワールドレストランへ。ピナコラーダに海老のアヒージョ、パエリア、最高!
一日目、トータスもスティーブも良かったけれど八代亜紀が凄かった。
なんとトロンボーンの湯浅佳代子と遭遇、一緒に舟歌を聴いた。
2日目、どうした風の吹きまわし徳間書店の長谷部さん、菊地崇さんのトークイヴェントに飛び入りすることに。
昨日見た、ConBrio、G-ラヴ、エゴラッピン、Beckのどれが一番良かったか?
当てた人は景品がもらえるという趣向。見抜かれたか、誰もがConBrioに手を上げた。
このサンフランシスコからやってきたファンクバンド、ConBrioのボーカリスト、ジーク・マッカーターがすごい。日本にもこんな23才がいればすぐにプロデュースするのだが。

13775456_946898852093424_4882843954770962171_n

2016-07-23 | Posted in blogNo Comments » 

 

昭和の面影をのこす大山で最後の仕上げ。

25年ぶりのアルバム最後の仕上げ、TDとマスターリングはやっぱりこの人、島田尚氏。
彼のスタジオはTOKYOのノースサイド、昭和の面影をのこす大山はハッピーロード商店街の近く。
何日も通っているうちに、すかりこの混沌とした賑わいに馴染んでしまった。
今夜は本当の鮮やかなフィナーレ、谷中から駆けつけくれた写真家、和田高広氏もさそって、酔っぱらうことにしよう!

13692568_945173775599265_7320767406757549671_n

2016-07-19 | Posted in blogNo Comments » 

 

BimBamBoomのMVで寿司職人をやらされた。

「BimBamBoom / O.E.C. Tiger roll 」のMV完成、YOU TUBEアップ!!

(監督 浜野カズシ)
MVの冒頭にシャシャリ出てきたのは初めて、寿司職人になったのも初めて。NY時代に食べたTigerRoll(海老巻き寿司)にヒントをえてアイニと一緒に作った曲「O.E.C.TigerRoll」。
“マックかナカオーエンにやってもらったら”と提案したら、メンバーからも異口同音に“これはエスケンでしょ”といわれ道場六三郎になった気分で西葛西に駆けつけた。
故、丹波哲郎がいってた言葉
“俳優はいろんな役をやって何十倍も生きる”を思い出し、俳優気分を味わった。

〽 オイスィー タイガー タイガーロールと歌ってほしい。

13654251_940786389371337_8245176437521014419_n

2016-07-12 | Posted in blogNo Comments »